不動産売買契約書について

 

不動産売買契約とは、「売りますよ」 「買いますよ」 というお互いの約束事です。民法ではこの 「売ります」 「買います」 というお互いの意思が一致した時点で売買契約が成り立つと言われています。 「売ります、買います」 による売買契約の成立によって、売主は 「売買の目的となる不動産」 を買主に引き渡す義務を負い、買主は 「売買代金」 を売主に支払う義務を負います。
 別の言い方をすれば、売主は 「売買の目的となる不動産」 を買主に引き渡す代

 わりに、買主から 「売買代金」をもらう権利を取得し、買主は売主に 「売買代金」

 を支払う代わりに「売買の目的となる不動産」を引き渡してもらう権利を取得しま

 す。 売買契約書とは「売ります」 「買います」 という約束ごとを書面にしたもので

 す。口約束でも契約は成立しますが、後で 「言った、言わない」 ともめごとになったり 「やっぱりやめた」 とどちらかが言った場合は思わぬ損害をこうむることにもなりかねません。

"そのために約束ごとを書面に残す" これこそが売買契約書の意味であり基本といえるでしょう。