ファイナンシャルプランナーとは

FP (ファイナンシャルプランナー)というのは、厚生労働省による「FP技能士」という国家資格であり個人が生活していく上で経済面の補助をする役目をしたり、また「資金繰りの計画を作る」アドバイザーといえます。日々変化していく状況において、住宅ローン・不動産・税金や公共料金・年金・教育資金・生命保険・損害保険など暮らしの中での様々な金融の中でどれが最善であり適切なのかを理解して選択をすることは非常に難しい状況にあるといえますがファイナンシャルプランナーが「家計のホームドクター®」としてアドバイスを行っていきます。具体的にはまず個々の人生の目標や夢を確認し、実現可能かどうか様々な面から ライフプランを提案していきます。アメリカでは約50万人がFPとして働いており、いつでも相談できる「弁護士」についで「 FP」があげられています。今後は日本でも米国のように気軽に相談できるFPが増えていくと思われます。

※ 家計のホームドクター®はNPO法人日本FP協会の登録商標です                       日本ファイナンシャル・プランナーズ協会ホームページ