不動産の重要事項説明について

 

重要事項説明とは、不動産の売買契約や賃貸借契約において、買主(借主)が取引内容を十分理解し

 かつ安全な取引が行われるよう、契約前までに宅地建物取引主任者が契約上の重要事

 項について買主(借主)に説明する事を言います。さらに宅地建物取引業法「35条」に基づ

 き、重要事項をまとめた書面「重要事項説明書(35条書面)」を交付して、必ず宅地建物取引

主任者が主任者証を明示し説明することが義務付けられています。重要事項説明は契約日当日(契

約前)に行われる事も多いのですが、重要事項説明は非常に重要ですので、疑

問、不明なことがあればその場で質問し、理解、納得してから契約するようにしな

ければなりません。

できれば契約日以前に重要事項の説明を受けるのが理想形と いえるでしょう