住宅金融普及協会認定の住宅ローンアドバイザーとは

住宅ローン商品の多様化が急速に進み、住宅購入予定者側とすれば「どのタイプの住宅ローンが自分に一番適しているか」を判断することが非常に難しい状況になっていると言えます。住宅ローンアドバイザーとは、このような状況下 で求められている「消費者保護や説明責任を果たし、住宅ローンの利用を検討されている方に適切かつ正確な商品知識や情報を伝えられる人材」をいいます。住宅ローンアドバイザー制度(講習カリキュラム、効果測定、登録等)については、その公平性、信頼性を確保する観点から、各界有識者によって構成する「住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー運営委員会」(委員長 吉野直行慶応義塾大学教授)を設置し、運営に関しての様々な提言・助言等を受けています。